園について

  • Home
  •   »  園について

食農(畑の活動=食農活動の展開)

園の近くにある畑で野菜を育て、収穫体験をしています。
種まきからおこない、「大きくなあれ」と願いをこめて育てた野菜は大きくて新鮮、収穫も力が必要、協力しておこないます。この過程を体験することで、食への興味関心が芽生え、生きているものをいただく気持ち、いわゆる、生命尊重の気持ちを育む活動を展開しています。
採れたての野菜はもち帰り、ご家庭の食卓にあがることも、もちろん園の給食でもいただきます。

園庭の緑の中に

冬場は枯れている木の間に、カブトムシの幼虫を育てています。
子どもたちがその様子をのぞき込み、成長観察しています。
大きなカブトムシになるかな?


 カエルのたまごがたくさん!!
 大きくなるまで見守っています。
  カブトムシの観察
   カエルのたまごの観察

運動あそび(3歳から5歳児)

週に1回体操講師による体操指導をおこなっています。
幼児期に必要な運動を専門講師と一緒に楽しみながらおこないます。
園舎内ホール・園庭・近くのグラウンドへ行き活動します。
また、本園の園長は体育教員免許を取得しており、中学校校長を務めておりました。体を動かすことが大好き、子どもたちと一緒に活動することもあります。

音感あそび

月に1回音感指導があります。
専門の講師による音感指導となります。
リズムうちや、楽器を使った指導となります。
また、日々の保育中でも取り入れ持続的な活動をおこなっています。

サマーフェスティバル・ウィンターフェスティバルなどでは、園長先生のギターに合わせて楽しむ姿も見られ、音に触れ楽しむきもちにつながっています。

お茶の会(5歳児)

お茶の指導を通し、所作等を身につけていけるように、楽しみながら特別な時間を過ごして行きます。